本文へ移動

アユ産卵調査

流下仔魚調査2020

鮎の寿命は1年。秋に産卵し約2週間で孵化した仔魚は、川を下り、海で大きくなって春に川へ戻ってきます。大井川では産卵調査のため、本支流3か所で鮎の流下仔魚を10日ごとに特別採捕しています。動画は全長6~7㎜の半透明な鮎の仔魚がビンの中を一生懸命泳いでいる様子です。
 

10月のアユ産卵状況について

2020-10-30
10/29、17:00の調査風景(太平橋。県委託による調査)
10/29、17:00(5分間)の採取水。仔魚数匹を確認。ライトを当てると仔魚の目が光りますが、小さすぎてうまく写りません。
10月19日(または10/20)、10月29日に大井川3か所で流下仔魚採取による産卵調査を行いました。
 
目視の様子は、1回目(10月19日)は18:30から太平橋で仔魚がわずかに出現してきましたが、神座水路橋、伊久美川下流では仔魚は見られませんでした。
 
2回目(10月29日)は、太平橋で17:00から仔魚がわずかに出現し、時間を追うごとに多数の仔魚が見られるようになりましたが、神座水路橋、伊久美川下流では仔魚が見られませんでした。
 
アユは産卵からおよそ2週間で孵化することから、今シーズンは通常よりも早いペースで産卵が進んでいると言えそうです。

流下仔魚調査(動画)

2020-11-09 19:00 神座水路橋

第3回 流下仔魚調査(神座水路橋)
大井川最下流の橋(太平橋)では1回目(10/19)から仔魚を確認。神座水路橋では今回初めて仔魚を目視できました。
釣り人の皆さまへ
 
・遊漁の際は遊漁証を事前に購入し、漁場監視員が目視できる場所に着けましょう。
・ゴミの持ち帰りなど、遊漁のマナーを守って楽しみましょう。
2020年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
漁協休業日(土・日・祝日)
TOPへ戻る